« 第26回フェブラリーS | トップページ | LUMIX DMC-GH1 »

2009年3月 4日 (水)

ビデオカメラ

未だに10年前のSONYのミニDVテープのビデオカメラを利用しています。
バッテリーを外すと日時情報がリセットされてしまいますが、それ以外は問題なく動いています。

このままこれを使い続ける事も選択肢の1つです。やはり録画した後にとりあえずマスターテープを残しておけるというのが安心です。

最近の使い方は、だいたいこんな感じ。
(1)DVテープに録画
(2)DVテープからHDDレコーダー(RD-X1)にダビング
(3)HDDレコーダー(RD-X1)で簡単な編集をしてDVD-RAMにコピーして両親に配布。


最近のHDDタイプのビデオカメラを購入すると(2)のステップで時間短縮ができます。しかし、データのバックアップが必須となることに加えて、ハイビジョンタイプにするとDVDで保存というわけにもいきません。

そうなるとマスターデータ用にブルーレイの導入が必要となりそうです。そこまで考えると、「まっ、今のままでいいか!」という結論になっちゃいます。

今のところ興味のある機種は、こんなところ。
【HDR-XR500V/XR520V】
【IVIS HFS10】
【HDC-TM300】
【DMX-HD2000】

どれも一長一短があります。一番興味があるのは、SONYのHDR-XR500V。

しかし、ブルーレイを導入するとなるとDIGAのBW750あたりが良さそう。SONYのブルーレイでもいいんですが、LとXで悩む上にDVD-RAMが使えないのがマイナスポイント。

しばらくカタログとにらめっこしたいと思いますが、購入するなら3月中旬の息子の卒園式に間に合わせたい。悩んでみます。

|

« 第26回フェブラリーS | トップページ | LUMIX DMC-GH1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23508/44240244

この記事へのトラックバック一覧です: ビデオカメラ:

« 第26回フェブラリーS | トップページ | LUMIX DMC-GH1 »